大学受験性が予備校に通う場合は何月から通うのがベスト?

受験生が大学受験を開始する時期はいつ?

受験生が大学受験を開始する時期はいつ?

受験生が大学受験を開始する時期というのは人それぞれです。

例えば、今まで真面目に勉強してきており、学校の勉強をあらかた理解している人であれば3年生の夏休みから始めても間に合うでしょうし、高レベルの大学でも3年生になってすぐ始めれば十分間に合います。

しかし、今までの学校の勉強をまともにしてきておらず、理解もほとんどしていなければ2年生の夏に初めても合格圏内に入れるかは微妙なところです。最低でも2年生の最初には始める必要があります。

このように受験生が大学受験を開始する時期は、自分の学習レベルと志望校によります。志望校のレベルが低ければ遅くスタートしても用意ですし、志望校のレベルが高ければ早く始めなければなりません。

受験生が予備校に通い始める時期はいつ?

受験生が予備校に通い始める時期はいつ?

受験生で予備校に通う人の約3割が高校入学時から通っているという調査結果があります。しかし高校1・2年生が通う理由は大学受験のためのとな、学校の授業の予習復習のためなど様々です。

医学部や薬学部、あるいは難関大学の受験を決めている場合であれば、なるべく早い段階から試験対策と学習の努力が必要なのでこの時期からの準備は妥当と言えます。

ただ、他の7割は3年生になってから通い始めており、部活をしてる人は引退後の夏または秋口から、それ以外は志望校のレベルや自身の学習理解の程度によって春から秋口に通い始めるようです。

とはいえ、予備校に通う割合は、全体の半数で、自主学習で受験に備える人も大勢いるということで、通わなければ受験に受からないわけではありません。

夏休み明けから予備校に通っても間に合う?

夏休み明けから予備校に通っても間に合う?

高校生が現役で大学受験を行う際に、部活動などを熱心に取り組んでいる方などは夏休み前まで部活に取組んで、それ以降に本格的な受験勉強をスタートされるケースも有ります。

これから集中して受験勉強に取り組む際にお勧めとなるのが予備校の活用です。ここでは夏休みシーズンに合宿コースを開設していますし、休み期間を利用した短期集中講座のコースなども有りますので、これらを有効活用してゆく事がお勧めです。

また予備校では専門講師が本格的な講義を開催しており、苦手科目などをマンツーマンで個別指導するなどして克服するコースも用意されています。予備校では希望コースの中から最適な学習方法を選択して受験までに間に合う事が可能となります。