予備校を選ぶのが先かそれとも志望校を選ぶのが先か?

大学受験の志望校はいつ決める?

大学受験の志望校はいつ決める?

大学受験は多くの子どもが通る道です。大学によってその後の人生が左右されると言っても過言ではありません。

誰もが少しでも良い大学へ進みたいという願望があるものですが、志望校を決めるのはいつが良いかということになると早い方が良いと言えます。

それは各大学、各学部においての入試傾向をつかむことが合格への近道になるからです。

将来的にどんな仕事に就きたいかという明らかな夢がある場合にはその学部を選ぶことが得策ですが、明確な夢がまだない場合には何に興味があるのか、得意な教科な何かということもヒントになります。

大学は高校までとは違い様々な強化をまんべんなくやるのではなく、専門的な勉強をし、それを身に着ける場です。

高校1年のうちに理系か文系かを決め、3年になる前には行きたい大学をある程度決めてそこに向かっていける道筋をつくっていうべきです。

予備校を決めるのに志望校は必要?

予備校を決めるのに志望校は必要?

予備校を決める場合に出来るだけ志望校を決めていた方がいいです。特に医学部の場合独特の入試形態なので医学部受験に強い予備校を選択する必要があると言えます。

ただ、必ずしも予備校を決定する前に志望校を決める必要はありません。大学受験で一番重要なことが自分は大学に行った何を学び、大学で学んだ知識を活かしてどう社会に貢献するかということなので、急いで判断することは必ずしも必要ありません。

大手の予備校であれば、数多くの大学にあった各コースを設けており、後に志望校が変更したとしてもコースの変更が出来ることが多いです。

一番問題なのが、どの大学が良いのかといことに頭が一杯になってしまい、大学受験の目的の本質はなにかを見失うことだと言えるかもしれません。

志望校が決まっていなくても予備校は選べる?

志望校が決まっていなくても予備校は選べる?

予備校へ通うための条件に、志望校が決まっていなくてはいけないという決まりはありません。

受験生なら少しでも早く大学受験の対策をしたほうが良いので、志望校が決まるのを待つよりも予備校で勉強を始めたほうが将来のためです。

まだ志望校が決まっていないときは、予備校を選ぶときに「未定です」と伝えてみましょう。そのときに親身に対応してくれるかどうかも、予備校選びをするときの参考になります。

どうしても先に志望校を決めたいときは、模試などを一度受けてみると学力が分かります。自分自身の学力から、どの大学に行きたいのか考えるのも良いでしょう。

いくつかの大学を候補にして、大学の文化祭に行ってみると雰囲気が分かります。在学生と接する機会があるので、行きたい大学を決めるきっかけになる可能性が高いです。